犬を飼うための必要事項
犬の基礎知識
犬の歴史
犬のことをもっと知るために、ここでは犬の歴史についてご紹介します。

人間は様々な種類の犬を目的のために改良し、優等生を交配してきました。犬とは元々どんな動物だったのでしょうか。

私たち人間と犬が一緒に暮らすようになったのは約1万2千年前の新石器時代に遡ります。ここでいう犬とはオオカミのことを指します。この頃の遺跡からは、一緒に生活していたと思われる形跡がたくさん発見されています。

犬の先祖といわれているオオカミというと大変凶暴なイメージがありますが、オオカミは人間を獲物の対象としていなかったため、人間の残した残飯目当てに人間に近づいていきました。この残り物の処理に始まり、人間を守る用心棒、狩りのパートナーとして、徐々に関係を深めていき人間の生活に欠かせない存在となっていきました。

野生の犬を飼いならし、生まれた子犬の中から望む性質を持ったもの同士で繁殖し始めました。徐々に性格や性質の違いを比較して交配に取り組むようになったのです。JKC(ジャパンケンネルクラブ)には、犬の種類を目的別の10グループに分類しています。そこからも目的を持って改良されてきたことが分かります。

レトリバーやハウンド系の犬種はオオカミ時代の野性味が少し残っていますが、愛玩犬として改良された種類にはその野性味は残っていません。

現在では、人間を癒し共に楽しく生活を送っていくという愛玩犬として犬は大変愛されています。より大きい存在となっています。

犬の基礎知識

犬の歴史

犬のグループ

犬種の特徴

犬の社会科

犬を飼う

飼う前に

入手方法

選び方

必要な準備

迎え方

飼い主の義務

飼い方

Copyright (C) 犬を飼うための必要事項 All Rights Reserved