犬を飼うための必要事項
犬を飼う
入手方法
はじめから自分でしつけ、自分に合う犬にしたい方には子犬が最適です。ペットショップやブリーダーから購入する方法が一般的です。生後2ヶ月ほどの子犬がお勧めです。手間はかかりますが、やはり子犬の頃のかわいさは格別です。

一方、子犬の世話やしつけにはなかなか時間が取れない場合は成犬がお勧めです。この場合は、信頼できる人から譲り受けるのが一番です。

オスとメスでは、成長してから性格にやや違いが出る場合があります。世話やしつけの面で異なる部分もありますので、オス、メスどちらにするかは家族でしっかり話し合いましょう。繁殖させるのかどうか、避妊や去勢を行うかという点なども考慮します。

ペットの入手方法には、ペットショップ、ブリーダー、デパート、知人や友人、里親の5つの手段が挙げられます。ペットショップで購入する利点は気軽に行って見ることができ、相談しやすいこと、欠点は衛生管理が行き届いておらず犬が不健康な店舗もあるということです。ブリーダーから入手する利点は、親犬や兄弟を実際に見ることができること、欠点は飼いたいと思ったときに子犬がいない場合があることです。デパートで入手する利点は、気軽に何度でも足を運べること、欠点は価格交渉が不可能で店員の知識が不足している場合もあるということです。知人や友人から入手する利点は、兄妹や親を見ることができ、価格も安い場合が多いこと、欠点は欲しいと思った時に手に入らないことです。里親として入手する利点は、価格が安い場合が多く成犬も可能なこと、欠点は希望に合う犬に出会うまで時間がかかることです。

犬の基礎知識

犬の歴史

犬のグループ

犬種の特徴

犬の社会科

犬を飼う

飼う前に

入手方法

選び方

必要な準備

迎え方

飼い主の義務

飼い方

Copyright (C) 犬を飼うための必要事項 All Rights Reserved